ファッション

メンズが抑えるべき冬ファッションコーデ【2016-2017アウター編】

出典:https://jp.pinterest.com/

重要イベントが目白押しのこの季節、お出かけも多くなりますよね!

集まりや人と多く会うこの時期のアウター選びや冬服の着こなし方は、その人の雰囲気を左右します。

是非チョイスするべきアウターのポイントや着こなしについてマスターしましょう!

Sponsored Links

メンズが抑えるべき冬ファッションコーデ!

d9ffb8e6628e11cafdb4be3e4c7149f4

出典:https://jp.pinterest.com/

そもそもアウターウェアとは?

1b714180b0cc02b59cfa25d4adb86c38

出典:https://jp.pinterest.com/

「アウター」とはよく使いますが、具体的にはコートやスーツ、セーターのように、外側に着用する衣服の事を指します。

本当はセーターも含まれますが、日本では一番気温の低い時期にセーターの上から何か羽織りますので、コートやジャケットといった衣服と考えていただくとわかりやすいと思います。

種類としては、

  • Pコート
  • ダッフルコート
  • ダウンジャケット
  • ブルゾン
  • トレンチコート

他にも多種ありますが、鉄板アイテムとしては上記が挙げられるでしょう。

毎年トレンドアイテムのアウターがありますので、是非取り入れたいアウターをチェックしていきます。

≪関連記事≫着こなしの参考や実際にアイテム購入をする際には、通販サイトも便利です!

メンズが気楽に選べるオススメのファッション通販サイトまとめ!!

チェスターコート

200066cbd822b636ec30cb02a9d1d58d

出典:https://jp.pinterest.com/

こちらは、昨年に引き続いてのトレンドになります。

イギリス生まれのアウターで、全体的に上品でキレイめなデザインやシルエットのものが多いのが特徴です。

フォーマルな雰囲気が強いので、ラフなカジュアルコーデよりは、大人のキレイめコーデに合わせると素敵ですよ。

54a2d5d49c11cdc9372d1a69476c91cb

出典:https://jp.pinterest.com/

ネイビーのコートは、同じ色を中に持ってくるのではなく、明るい色の方が顔が明るく見えますね。ボトムスがカジュアルですが、ドレッシーなブーツを合わせることによってバランスを取っています。

58ba10d147aed659224c67594206c3ac

出典:https://jp.pinterest.com/

キャメル色のコートは全体的に明るく見せる事が出来ます。中は濃い目の色を持ってくると引き締まります。

モッズコート

3dd829fe33bda3622d6b1ac57c94426d

出典:https://jp.pinterest.com/

こちらも今年はトレンドアイテムとして、様々なショップで販売されています。

アメリカの軍人が任務で極寒地へ赴く際の防寒着として開発されたのが始まりで、1951年に登場したプロトタイプが「M-51」という名称でも親しまれていたことから、今でもモッズコートのことをM-51と呼ぶこともあります。

バリエーションはありますが、コートの衿部分にファーが付いていればモッズコートと考えてよいでしょう。

元々防寒性が高いアイテムですし、機能面で撥水性が高いものを選ぶと雨や雪の日に便利そうです。

6f246ba55fe2541d240f2f2d74f0e688

出典:https://jp.pinterest.com/

フード部分にもモッズコートはボリュームがありますが、マフラーで更にボリュームを持たせることで、全体をYシルエットに魅せ、バランスが非常にいいですね。

b5f036ae4bdf8dfaaaa66247ebf28a7a

出典:https://jp.pinterest.com/

デニムインデニムスタイルにモッズコートは非常に似合います。帽子のような小物使いも素敵です。

Sponsored Links

Pコート

068a9e5f82faa8fd24609764d7fbd05e

出典:https://jp.pinterest.com/

コートの中では丈が短くカジュアルな印象があり、どんなスタイルにもマッチすることから幅広い年齢層に愛用されています。

元々は厳しい気象条件で働くイギリス海軍が使用していたり、漁師さんが着ていました。碇をあしらったボタンが特徴的ですよね。

カジュアル感が強いアイテムですが、中に合わせるアイテムにより、上品に着こなすことが出来ますので、一枚は持っていると着こなしの幅が広がります。

コートがダークカラーの場合は中に明るい色合いのアイテムをアクセントに持ってくるといいですね。

65360e7b445edc3deccbc407fd246cb9

出典:https://jp.pinterest.com/

少し短めのPコートです。柄はカジュアル要素が強くなりがちですが、面積が少なければ、それほど悪目立ちしません。

1b5cc5bca283d6a9bbc1c6e1b16b071b

出典:https://jp.pinterest.com/

中にオフホワイトのニットを合わせることで、上品さと明るさの要素が加わり大人カジュアルコーデが簡単に着こなせます。

ダッフルコート

d4bbd7ecaf78f77afdfe52fe8d5d8300

出典:https://jp.pinterest.com/

こちらもポピュラーなコートです。

北欧の漁師さんたちが普段の仕事着として利用していたダッフルコートは、第二次世界大戦が始まると、優れた防寒性や耐久性からイギリス海軍の防寒着として使用され、終戦後オーバーストック品が市場に出回り、一般の人たちに浸透していきました。

厚めの起毛が使われているものが多く、何といっても角型のトグルボタンを輪にかけて留めるタイプが特徴的です。

カジュアルなものが多いので、オフシーンのアウター向きですが、大人のキレイ目スタイルに取り入れて着たいアイテムです。

f8710da92f103b45ce382c9f9bb81284

出典:https://jp.pinterest.com/

黒のダッフルは印象が重たくなりがちですが、セーターのキャメルが上手く調節してくれています。

f0b67b2e4339f140106e2144ec3dae88

出典:https://jp.pinterest.com/

ダッフルコートはそれだけでもインパクトの強い印象ですが、中に上品な柄をアクセントに持ってきても、際立って目立つのではなく、逆にアクセントとしてコーディネートされています。更にシャツがカジュアル要素を薄めてくれています。

編集者のまとめ


b1bf04cba24f100ae57c1decea48120d

出典:https://jp.pinterest.com/

今年のアウターアイテムは決まりましたか?

今回取り上げたアウターは、鉄板のコーディネートに活用出来るものから、まさにトレンドを取り入れての大人コーデにピッタリなアイテムばかりです。

オシャレ度を上げること間違いなしですので、インナーやボトムスの合わせ方を変えながら着まわして、魅力を最大限に引き出しましょう!

素敵なアウターコーデは、誰もが工夫次第で出来ますので、今年の冬はお洒落を是非楽しんでくださいね。

≪関連記事≫トータルコーディネートはこちらを参考にしてみてください。

40代メンズに送るシンプルな冬ファッション・コーデまとめ【2016年度版】

30代メンズに送るシンプルな冬ファッション・コーデまとめ【2016年度版】

20代メンズに送るシンプルな冬ファッション・コーデまとめ【2016年度版】

メンズが抑えるべき冬ファッションコーデ【2016-2017ストリート編】

≪関連記事≫各アイテムに関してはこちらを合わせて参考にしてみてください。

メンズが抑えるべきファッションコーデ【2016-2017コート編】

メンズが抑えるべき冬ファッションコーデ【2016-2017靴編】

ダンガリーシャツでクールな40代メンズを演出するシンプルな冬ファッション・コーデまとめ【2016年度版】

Sponsored Links

The following two tabs change content below.
sileni

sileni

ワインと日本酒をこよなく愛す、利酒師や酒類等の資格を持つ雑学30代女子。時間をみつけては、料理やスウィーツを作ってみたり、デジタル一眼レフカメラを片手に街や山に飛び出して行くのが好きです。

関連記事

  1. 20代メンズが抑えたいお洒落サングラスコーデと人気ブランドランキ…
  2. 大人メンズの遊び心をくすぐるお洒落カジュアルネクタイ人気ブランド…
  3. メンズが拘りたいバッグブランド人気ランキング【2017年エルメス…
  4. メンズが拘りたいトートバックブランド人気ランキング【2017年版…
  5. オトナ男子向けのデニムジャケットコーデ2016版とは!?
  6. カジュアルメンズファッションでフォーマルな印象を与えられるおすす…
  7. GUで抑えるべき春のメンズファッションコーデ【2017年版】
  8. メンズが抑えておくべき人気アクセサリーブランドランキング【201…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ビジネス × フォーマル

ファッション×スタイル

ヘルス × ビューティ

トラベル × グルメ

スポーツ × アスリート

恋愛 × デート

エンターテイメント

スポンサードリンク

PAGE TOP