Bリーグ

bjリーグとNBL統合によるBリーグ構想の想いとは!?

出典:https://pixabay.com/

2016年9月22日に、いよいよ日本男子バスケットボール界の統一プロリーグが誕生します。今まで2リーグ存在し、分裂騒動や国際試合からの締め出しという苦い歴史を改革し、新体制で臨みます。

この「Bリーグ」はプロサッカーリーグの創設者、川淵三郎氏が改革と共に日本バスケットボール協会会長として進めてきた新設リーグです。構想に至ってはどの様な想いがあるのでしょうか?

Sponsored Links

bjリーグとNBL統合によるBリーグ構想の想いとは!?


出典:https://www.youtube.com/

全関係者がチャレンジしていけ!

basketball-630515_1280

出典:https://pixabay.com/

Bリーグ創設者で現・Bリーグ名誉会員の川淵氏は、「海外でも戦えるように協会、リーグ、それから各クラブが方向性を明確に出して、それに向かって強化していかなければならない」とコメントしています。

今までは、2リーグ存在していた上、「選手を代表に出さない」といった対立もありました。しかし、これからはまとまっての代表強化や海外遠征を計画的に行うように変わっていかなければならないでしょう。

選手の意識改革

kobe-bryant-932875_1280

出典:https://pixabay.com/

栃木ブレックスの田臥選手が道を切り開いて以来、現在少しずつですが選手が海外でもプレーするようになるといったバスケットボール界の空気が変わりつつあります。ベテラン格の選手でもありクラブオーナーでもある、レバンガ北海道の折茂武彦氏はこの様に言っています。

海外は僕らの時代には早すぎた。僕らの時代、その前の先輩たちの時代は、『海外に出る』と言う発想自体がなかったから。結果論ですが、やっぱり世界に出ていかなければ体感できないこともあるんだと、今なら思います。

自身が海外に渡る選手もいれば、プロ化することによって選手のモチベーションが上がり、環境も整備され、激しく厳しい試合が増えればボトムアップも期待できます。プロとしてのプライドを持って、その環境の中でどれだけ厳しい練習をするかが要ですし、期待出来ます。

Sponsored Links

メジャー競技にさせる最後のタイミング

outdoor-basketball-1639860_1280

出典:https://pixabay.com/

今までも漫画の「スラムダンク」ブーム、日本人初のNBAでプレーした田臥ブームとバスケットボールが注目されたことはありました。

日本で開催された世界選手権、NBAのスター集団「ドリームチーム」の来日といったチャンスに盛り上がりを見せるような仕掛けが出来たのです。しかし、チャンスを自ら潰してしまいました。

川淵氏が

「君は日本で一番得点を獲っていて、バスケ界では有名なのかもしれないけど、僕は知らない」

と、バスケ界では存在感ある選手に大勢の報道陣の目の前で話したことがあつてあります。しかし世間一般の認知度・関心度であることには間違いありません。

この様な状況を打破する為にはBリーグの成否が、日本バスケの未来に直結すると言っても過言ではありません。

「今回コケたら、日本のバスケに未来はない」位の意気込みです。その為には選手だけではなくチームも含めて全体での取り組みをしています。

ファンには試合に来て欲しい

lakers-basketball-game-1219099_1280

出典:https://pixabay.com/

Bリーグの中でB1クラブは5,000人以上が入る事の出来るアリーナを設定しています。「5,000人もの席があるならば、直前でもチケットは買える」といったファン意識を変えようとしています。

その為には選手の熱いプレーが最重要ですが、”アリーナ・エンタテインメント”を掲げています。日本ではプロ野球やサッカーといった観客動員に成功しているメジャースポーツとしてあげられますが、どちらも「スタジアム・メジャースポーツ」です。

今回チケットが「今までに比べ高い」といった声がありますが、お金を出した観客がいるだけでワクワクするような楽しい環境作りを提供する、と意気込んでいます。その為、「ファンにはお気に入りのクラブのチケットを早めに押さえて欲しい」とも言っています。

今回、地域密着といった取り組みをしていますので、地域のファンが地域のアリーナまで応援に行きやすいといった点も‶仕掛け”の1つと言えそうです。

編集者のまとめ


basketball-85919_1280

出典:https://pixabay.com/

日本のスポーツは、注目され安定した大勢のファンが付くまでに非常に時間を要すると筆者は感じています。プロサッカーJリーグが開幕した際には、開幕前より大人だけではなく子供にもタレント性というと語弊がありますが、TVでも見た事のあるスター選手が存在し、いよいよプレーも楽しめる、といったワクワク感がありました。

Bリーグの選手も開幕前より地域活動やチャリティ、マスメディアでの広報活動も行っていますが、少しPRが足りない感を受けています。しかし、これからお気に入りのクラブが出来、ファンになっていく方もいると思いますので、熱いプレーを期待したいですね。

Sponsored Links

The following two tabs change content below.
sileni

sileni

ワインと日本酒をこよなく愛す、利酒師や酒類等の資格を持つ雑学30代女子。時間をみつけては、料理やスウィーツを作ってみたり、デジタル一眼レフカメラを片手に街や山に飛び出して行くのが好きです。

関連記事

  1. Bリーグ チーム埼玉ブロンコスを描くオールブロンコスの構想と選手…
  2. 女子バスケで可愛いと噂のあの選手たちとは!?トヨタ所属の栗原三佳…
  3. Bリーグ チーム金沢武士団の『5年』に込められた想いと勝ち取りた…
  4. Bリーグ チーム千葉ジェッツの年間観客動員数から見えた意気込みと…
  5. Bリーグ注目のバスケチームまとめ!!B1~B3チームを完全解説!…
  6. ロードバイクの2017年最新おしゃれヘルメット特集!!
  7. Bリーグチームランキングのファンが心躍る仕組みとは!?
  8. Bリーグ開幕戦チケットの値段から見える秘めたる期待と決意とは!?…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ビジネス × フォーマル

ファッション×スタイル

ヘルス × ビューティ

トラベル × グルメ

スポーツ × アスリート

恋愛 × デート

エンターテイメント

スポンサードリンク

PAGE TOP