ファッション

2016年のメンズ夏コーデ<ストリート系編>

出典: Mane via photopin (license)

ストリート系ファッションはゆったりとしたファッションスタイルが多いことから体格の良い人がかっこよく着られます。単なるイメージとして留めてもらいたいですが、ストリートでのスポーツ(バスケ等)を“私服”でする場合着るとしたら…でイメージすると分かりやすいかもしれません。今回はこのストリート系の2016年メンズ夏コーデの紹介です。

Sponsored Links

ストリート系ファッションとは!?

2016年のメンズ夏コーデ<ストリート系編>①出典:http://non-men.com/

ストリート系とは“全体的にゆったりとした着こなしでスポーティーな雰囲気を持って音楽との関わり合いが深いファッションスタイル”というのを一般的にストリート系と表します。

モノトーンで作るストリート系ファッション

2016年のメンズ夏コーデ<ストリート系編>②出典:http://clubd.co.jp/

王道中の王道ですがナンバリングされたトップスはいかがでしょうか?下記に示す画像はパーカータイプにもなっているので首元のボリュームも文句なし!星柄やナンバリングはストリート系ファッションでは王道となっており、下の画像はサイドポケットもついていて、かっこよく纏められている印象です。

おすすめコーデ①

2016年のメンズ夏コーデ<ストリート系編>③出典:http://clubd.co.jp/

筆者のイメージでしかないかもしれませんがストリート系のファッションには短めのボトムスが似合うと思っています。

こちらのコーデはストリート系を更にカジュアルにまとめた感じになっております。足元のハイカットスニーカーを活かすためにもボトムスを短パンにしたコーデになっています。黒と白で作られたコーデなので大人っぽさも演出できます。

おすすめコーデその②

2016年のメンズ夏コーデ<ストリート系編>④出典:http://clubd.co.jp/
2016年のメンズ夏コーデ<ストリート系編>⑤

出典:http://clubd.co.jp/

ホッケーシャツのようなデザインで両袖のラインが特徴的なトップスを使うことにより特徴とし、ボトムスはシンプルに白を使うことにより大人っぽさの演出にもなります。ハットを使用し、Iラインを作りだすことにより全体的に細めのイメージを持たせています。

基本は黒と白のモノトーンでまとめています。ハットを使うことにより全体的に細めの印象を与えています、また目線を高く持っていくことが出来るので身長を高く見せることも出来ますね!!また、画像では見え辛いかもしれませんが赤のネックレスでアクセントをつけています。モノトーンに赤を入れると引き締まり効果がりますね。

Sponsored Links

【番外編】秋冬ストリートファッション

2016年のメンズ夏コーデ<ストリート系編>⑥出典:http://clubd.co.jp/

ここまで春夏に着られるストリートコーデを紹介してきましたが、夏コーデとは離れて秋冬に着るコーデをご紹介したいと思います。秋冬はパーカーやミリタリー系のジャケットを重ね着したりします。ややゆったり、ビッグシルエットが特徴的ですね。季節になってもオシャレは変わりません“モノトーン”を意識しましょう。

編集者のまとめ

編集者自身はストリート系のファッションをすることは少ないのですがやはりかっこいい印象が強いですね!!
基本的には動きやすい格好ですし、モノクロでまとめているから大人っぽさもある少し体格のある方なら似合うこと間違いなしなのでお勧めしたいですね。ゆったりとした服装は好きなので挑戦してみようかな…。

Sponsored Links

関連記事

  1. 2017年冬に注目されるメンズが抑えるべき靴【ジミーチュウ編】
  2. クールなビジネスマンを演出するメガネコーディネートと人気ブランド…
  3. おしゃれなメンズはバートンを着こなせ!!スノーボードウェアコーデ…
  4. 40代メンズが徹底的に読破するファッション雑誌&ブログまとめ!!…
  5. TAYAとアースの美容院で使っているメンズシャンプーを徹底比較!…
  6. 落ち着いた30代メンズが抑えたいお洒落サングラスコーデと人気ブラ…
  7. 40代メンズが抑えたい冬ファッションブランドまとめ
  8. ロードバイクの2017年最新おしゃれヘルメット特集!!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ビジネス × フォーマル

ファッション×スタイル

ヘルス × ビューティ

トラベル × グルメ

スポーツ × アスリート

恋愛 × デート

エンターテイメント

SPONSORED LINK

PAGE TOP