ファッション

レイバンのサングラスでお洒落なメンズコーデを【2017年版】

出典:https://jp.pinterest.com/

世界中で愛用され続けているサングラスブランド、レイバン(Ray-ban)。

サングラスの高級ブランドとして必ず名前があがりますよね。

今回は、著名人や海外セレブ、ファッショニスタまでが愛用するレイバンのサングラスの魅力に迫ります。

Sponsored Links

レイバンのサングラスでお洒落なメンズコーデを~2017年版~


レイバンについて

出典:https://jp.pinterest.com/

1937年にレンズのメーカー、ボシュロムから発表されたアイウェア、サングラスを中心としたブランドです。

ブランド名は「光を遮る」という意味があるように、サングラスを目的としてスタートしました。

米空軍からの要請によって、コンタクトレンズなどで有名な光学機器メーカーであるボシュロム社がレンズの技術にベースを置き、UVカット技術という性能面に注力してきました。

1999年に、ラグジュアリーアイウェアの世界トップ企業であるイタリアのルックスオティカグループに買収され、同グループ内でも中核を占めるブランドとなりました。

このタイミングでmade in USAからmade in ITALYに変化しています。

つまり、ヴィンテージもののレイバンはmade in USAです。

レイバンが発表から今日に至るまで、サングラスの代表ブランドとして地位を確立してきたのは、そのファッション性はもちろん、機能性が他よりも高かったことが大きいと言えます。

Wayfarer(ウェイファーラー)

出典:https://jp.pinterest.com/

1952年に誕生し、反骨精神豊かなロックミュージシャンやアーティストが「自由と個性のアイコン」として身につけていたことで知られ、「ロックの象徴」、「反体制の象徴」として多くの音楽ファンや映画ファン、ファッショニスタに愛される伝説的なモデルです。

現在も生産され、クラシックなカラーをはじめ、ポップなレッドやホワイトフレームができ、若者の間で再びブームになっています。

ウェイファーラーは、大まかに7タイプの形状があり、基本的には彫りの深い顔立ちの多い欧米人に似合う形状の「インターナショナルモデル」やフロントカーブが抑えられた「アジアンフィッティングモデル」、通称”ニューウェイファーラー”と呼ばれる主張が強くない、角がとれたようなデザインが特徴のモデルや、「ウェイファーラーフォールディング」という折りたたみ式のモデルもあります。

出典:https://jp.pinterest.com/

出典:https://jp.pinterest.com/

Sponsored Links

Aviator(アビエーター)

出典:https://jp.pinterest.com/

こちらもレイバンを代表する定番モデルです。

レイバン設立時からアメリカ空軍に採用され、社会的な信頼を得ており、1986年のアメリカ映画『トップガン』で、トム・クルーズがかけていたモデルです。

ヘルメットを被ったままでも着脱が出来るよう、曲げられていないテンプル・モダンが特徴的です。

人間の目の動きと同じ範囲をカバーし、最大の視野を確保出来るといった優れた光学技術とそのデザイン性でたちまち人々は魅了され、 現在も多くのファンに愛されています。

現在は多数のモデルが発表されており、クラシックなものから、技術的なものからラインナップされています。

技術力の高さはそのままに、時代に適したカラーやトレンドを組み入れながらぶれないデザイン性の高さも愛され続けている理由と言えます。

出典:https://jp.pinterest.com/

出典:https://jp.pinterest.com/

CLUBMASTER(クラブマスター)

出典:https://jp.pinterest.com/

1986年に誕生した クラブマスターは技術的なディテールへのこだわりと、洗練されたスタイリングが、 クラシックの真髄とも言える格別なデザインに仕上がったモデルです。

1950年代に流行したデザインをベースにレイバンのコンセプトを表現しています。

クラシックでレトロを感じさせながらも、どことなく新しさを感じるデザインが愛され続けています。

こちらのモデルに関しては、ルックスオティカ社から復刻版が2009年に販売されています。

出典:https://jp.pinterest.com/

編集者のまとめ


出典:https://jp.pinterest.com/

メンズの幅広い年代から人気の高いレイバンのサングラス。

どのモデルも非常に人気が高い理由は、デザインもですが、技術力の高さがベースにある事も理由でしょう。

是非、実物を手に取り、お気に入りのモデルを見つける参考にしてみてください。

Sponsored Links

The following two tabs change content below.
sileni

sileni

ワインと日本酒をこよなく愛す、利酒師や酒類等の資格を持つ雑学30代女子。時間をみつけては、料理やスウィーツを作ってみたり、デジタル一眼レフカメラを片手に街や山に飛び出して行くのが好きです。

関連記事

  1. 優雅な雰囲気を感じさせるメンズ向けフォーマルベスト
  2. ダンガリーシャツでクールな40代メンズを演出するシンプルな冬ファ…
  3. メンズ秋ファッション【2016保存版】
  4. シンプルかつ安いメンズブランド腕時計まとめ!!日本・スイスブラン…
  5. BEAMSでクールなメンズを演出する【2017年アウター編】
  6. 20代メンズが参考とするべきお洒落なオススメ人気スーツブランド一…
  7. 20代メンズが抑えるべきおしゃれな財布の人気ブランドランキング【…
  8. 2017年冬に注目される黒のピーコートコーデと合わせたいメンズが…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ビジネス × フォーマル

ファッション×スタイル

ヘルス × ビューティ

トラベル × グルメ

スポーツ × アスリート

恋愛 × デート

エンターテイメント

スポンサードリンク

PAGE TOP