出典:https://pixabay.com/

通常、マンションなどを新たに探すときは、築年数が新しい物を選びますよね。

やっぱり、新しいほうが耐震構造などもしっかりしてそうですし、何より外観や内装が綺麗。

当然、人気のない古い建物は年数が経過するごとに価値は下がっていきます。

しかし最近は「ヴィンテージマンション」と呼ばれる、寧ろ新築時よりも価値が上がっている物件があるのだそうです。

ということで、今回はそんな不思議なヴィンテージマンションの定義から、その魅力。そして内装のリノベーションに関するお得情報などについて、お伝えしていこうと思います!

Sponsored Links

古ければ良い訳じゃない!ヴィンテージマンションの定義とは?


築10年以上経っている

出典:https://www.aoyama-baibai.com/

マンションを探す際に「築10年以内」の物件を探す方が多いらしいのですが、ヴィンテージマンションは逆に10年以上経っている必要があります。

「10年も経っているなんて不安だ」という声もあるかもしれませんが、寧ろ、築年数が長いにも関わらず国から注意勧告がない物件は、安全な建物という証明でもあるのです。

何故なら建物には耐震基準が国によって定められており、それを満たしていない物は「危険又は有害」として国から建て替えるよう勧告があるからです。

大抵のマンションは築30年程で建て替えとなっていることからも、築年数が長くともそのままの姿を保っている「ヴィンテージマンション」はそれだけで資産価値があると言えます。

しっかりと管理されているか

出典:www.jkhome.com/information/

大抵の高級マンションは管理も当然行き届いていますので、築年数が経てば自然に「ヴィンテージマンション」となるのですが、そうではなく余り管理のなされていないマンションは、どれだけ築年数が経っても「ヴィンテージマンション」とは呼ばれません。

管理のなされていないマンションは、時間と共に劣化していきますが、しっかりと管理・メンテナンスの施された建物は劣化することを遅らせる事が出来ます。

このことからも、「ヴィンテージマンション」はそれだけで信頼に値する物件であるという事が言えます。

都心で人気のある土地にある

出典:https://www.vintage-mansion.tokyo/

人気のある土地と言うと通常は「駅から近い」「コンビニなどが近い」などが挙げられますが、「ヴィンテージマンション」と定義される人気の土地というのは、「歴史的に由来のある土地」「華族などがいた土地」などなど、その土地自体に価値があることが重要視されます。

ですからその建物に加え、土地自体の価格も下がる可能性が低いのです。

もちろん、「ヴィンテージマンションの全てが都心にある」というわけではなく、都心から離れていても先ほど書いたような、しっかりと管理が行き届いたマンションであれば、ヴィンテージマンションとして認められるものもあります。

(画像の物件は東京都渋谷区広尾4-1-9にある「広尾ガーデンヒルズ」です)

元々高級マンションだった

出典:https://www.sumaistar.com/

高度成長期時代に「マンション」が次々と建てられたわけですが、その多くは「高級マンション」と呼ばれるものでした。

そもそも当時、マンション自体が高級なものだったのです。またデザイン性が高い物が好まれた為か、殆どの高級マンションは見た目にも美しい物が多く造られました。

先にも書きましたが、これらマンションは東京の1等地に建てられたものが多く、これらが年月を経て「ヴィンテージマンション」と呼ばれるようになったのですね。

リノベーション、購入するなら「された後」と「する前」どちらがお得?


フルリノベーションされたヴィンテージマンションを購入する場合

出典:www.soho-tokyo.com/

既にリノベーションがなされている物件の場合、そのまま住むことが出来るというメリットがあります。

しかし、売主がリノベーションにかかった費用が当然、価格に上乗せされてきますし、自分自身がやりたいのと少しでも相違があれば気になってしまうのも事実。

また間に中間業者が入ってリノベーションした場合、そのマンションを売る為の広告費などで更に値上げされてしまうことも…。

そしてヴィンテージマンションはやはりそれだけ築年数が経っていますから、出来る事なら配管などを自分で見て、老朽化が進んでいないかを確認したい物ですが、既にリノベーションが済んだ後では確認出来ないという場合もあります。

メリット:そのまま住める
デメリット:思い通りの内装ではない可能性有り・価格が上昇する・老朽化の確認が困難

ヴィンテージマンションを自分でリノベーションする場合

出典:kagami-renovation.com/

自分でリノベーションするにあたって、その前に大事なのは「配管は老朽化していないか」「修繕の予定はあるか」「屋根は防水加工がされているか」をしっかりと見極めてからマンションを購入しなければならないということ。

ヴィンテージマンションですから、管理が行き届いているとは言え、万が一ということも…。

フルリノベーション済みのマンションの場合、きちんとした業者や前の持ち主であれば、それらを含めてしっかりとリノベーションしている筈(杜撰な業者や持ち主だった場合は、放置されているケースもあります)。

ですが自分でリノベーションする場合は「自分で確認する」か「リノベーション業者に確認してもらう」というひと手間がどうしても発生します。

とはいえ、それらがしっかりと管理されている、或いはどこかに老朽化が見つかった場合でも修繕することが可能ですから、安心して住むことが出来ますよね。

また自分の好きなようにリノベーションすることが出来る点は、何においても大きな魅力!

更に自分でリノベーションすることによって、販売業者によるリノベーション費用や広告費が上乗せされることが無いので、フルリノベーション物件を買うよりもお得にヴィンテージマンションを入手出来てしまうんです!

リノベーションは、単なる内装だけではなく間取り変更も出来ますから、もし間取り的にあまり良くないせいで物件の価値が下がっている部屋があったとしたら大当たり!

資産価値があがるような間取りにリノベーションすれば、リノベーションにかかった費用よりも部屋の価値が上がる、なんてこともあります。

メリット:自分の思い通りにリノベーション可能・間に販売業者のリノベーション費用などが入らないのでお得・老朽化が見つかった場合に対処が出来る
デメリット:すぐに住めない・自分或いは業者に頼んで老朽化していないか確認する必要がある

結局どちらがお得か

出典:https://pixabay.com/

「今すぐにでもヴィンテージマンションに住みたい」という方ならフルリノベーション後の物件が向いていると言えますが、そうでない場合。

「金銭的に安く済む場合がある」うえ、リノベーションの醍醐味でもある「自分の理想の部屋」を作れて、「隠れた老朽化」を見つけられるということからも、ヴィンテージマンションは購入した後にリノベーションしたほうが圧倒的にお得だと言えます。

もちろん、「思っていた部屋にしようとしたら費用がかかってしまった」ということもあるかもしれませんし、「業者に頼んで調べたのに老朽化が進んでいる箇所があった」なんてトラブルもあるかもしれません。

そうならない為にも、自分でリノベーションする場合は、事前に良い業者を見つけておく必要があります。

Sponsored Links

ヴィンテージマンション実例【外装編】


ヴィンテージマンションとリノベーションに関してのイメージがついてきたところで、次は実際にヴィンテージマンションと呼ばれる物件の外装を見ていきましょう。

それでは東京都心にあるヴィンテージマンションを5棟、ご紹介致します!

もし少しでも興味のある物件がありましたら、記事の下部にリンクを貼らせて頂きましたので、そちらから詳細をご確認ください。

代官山マンション

出典:https://www.vintage-mansion.tokyo/

こちらの物件は築47年のヴィンテージマンション。

その年月を感じさせない外観を保っている理由は、なんと「24時間体制」で常駐管理がなされている為。

13階建てのこの物件、もちろんエレベーターも完備されています。

代官山の高台に住んでみたいという方にオススメのヴィンテージマンションです。

▼物件詳細
住所:東京都渋谷区代官山町4-1
アクセス:JR山手線「渋谷」駅から徒歩7分
建築年月日:昭和46年1月

赤坂グランドハウス

出典:https://www.vintage-mansion.tokyo/

こちらは赤坂にある「お屋敷街」の低層ヴィンテージマンション。赤のタイルで出来た外装が、より渋みを感じさせますね。

またお屋敷街ということもあって交通量が少ないので、都内であっても静かに暮らしたいという方にピッタリの物件ではないでしょうか。

▼物件詳細
住所:東京都港区赤坂8-6-17
アクセス:東京メトロ銀座線「青山一丁目」駅 徒歩5分
築年月日:昭和54年7月

コープオリンピア

出典:https://www.vintage-mansion.tokyo/

こちらはなんと築53年のビンテージマンション!しかしそのデザイン性の高さから今でも大人気の物件です。

またその管理体制の良さには、住人の方々が太鼓判を押すほど。

一度は住んでみたい、憧れのヴィンテージマンションです。

▼物件詳細
住所:東京都渋谷区神宮前6-35-3
アクセス:「原宿」駅から徒歩2分
築年月日:昭和40年3月

代々木上原第一マンションズ

出典:https://www.vintage-mansion.tokyo/

高級住宅街で形成された、こちらも高台に建つ「お屋敷街」のヴィンテージマンションです。

低層マンションですので、階数は3階と低めですが、その代わりに1戸が広いのが特徴。100㎡を超える大型住戸が殆どなのだそう。

広々とした居住空間をお望みの方は必見のヴィンテージマンションとなっています。

▼物件詳細
住所:東京都渋谷区西原3-43-13
アクセス:小田急線「代々木上原」駅から徒歩7分
築年月日:昭和52年3月

ビラ・モデルナ

出典:https://www.vintage-mansion.tokyo/

元祖デザイナーズマンションと呼ばれるのがこの、「ビラ・モデルナ」。

現代人の目から見てもモダンなデザインに映るのですから、ヴィンテージマンションとして人気があるのも頷けます。

渋谷でオシャレなヴィンテージマンションをお探しの方に、是非一度は見て頂きたい物件です。

▼物件詳細
住所:東京都渋谷区渋谷1-3-18
アクセス:JR山手線「渋谷」駅から徒歩5分
築年月日:昭和49年8月

ヴィンテージマンション実例【リノベーション編】


リノベーションといっても漠然とした構想しか思いつかない、ということもあるかと思います。

私もいきなり「この部屋をどうしたいか考えて」と言われたら、いったいどこから考えたらいいかと焦ってしまいます。

そうならない為にも、今からリノベーションの実例をいくつか見て、イメージを掴んでいきましょう。

部屋の壁4面全てを、違う素材でリノベーション

出典:https://tokosie.jp/

築40年のビンテージマンションをフルリノベーションしたのがこちらのお宅。

もともとは3部屋に分かれていた部屋を、1つの大きなLDKにし、その部屋の壁をそれぞれ違う素材で構成されたそう。

北側は「コンクリート打ちっぱなし」に、南側は「アンティークなレンガ」、東側は「サブウェイタイル」を貼って、西側は「モルタル素材」で仕上げたという、遊び心満載のリノベーションとなっています。

グレーでまとめられたシックなリノベーション

出典:https://tokosie.jp/

コンクリートの塊のようにみせたかったという持ち主の意見を忠実に再現したのが、こちらのお部屋。

天井をコンクリートそのままにすることで、グレーの質感を上手に保っています。

更に、画像左端に映るパーテーションは回転扉なんだとか!創意工夫が施されたリノベーションは、見ているだけでも楽しくなりますね。

まるでギャラリーを見ているかのような広々空間

出典:https://tokosie.jp/

こちらのお部屋の持ち主はケニア出身ということから、お部屋にはアフリカ作家の作品がズラリと並んでいます。

広々とした空間を確保するため、幾つかに分かれていたお部屋を1つに大胆リノベーションされたのだそう。

まるで一つのギャラリーを覗いているような一室となっています。

西海岸スタイルの一室を手に入れたリノベーション

出典:https://tokosie.jp/

西海岸スタイルをアンティークで飾るのが好きだという、この部屋の持ち主。デザイナーとの打ち合わせには洋書を持参したというのだから、本気度が違います。

壁には古材を使用し、床にはヘリンボーンを敷き詰める事で、アンティークなアイテムにも良く馴染むスタイルに。

ランダムに貼られたシダーシェイクが、リノベーションでしか実現できない、カッコ良い一室を生み出しています。

古材+黒のアイアンで理想の一室に

出典:https://tokosie.jp/

元々の建物の造りをそのまま活かしたリノベーションをしたのが、こちらのお宅。

ジグザグな構造となっていたお部屋を「面白い」と表現するあたりに、リノベーションを楽しんでいる様子が伺えます。

また寝室などはコンクリート剥き出しの、インダストリアルな雰囲気にしたりなど、リノベーションの限りを尽くした住宅です。

編集者のまとめ


出典:https://pixabay.com/

ヴィンテージマンションについて、またそのリノベーションに関してを書かせて頂きましたが、いかがだったでしょうか?

良い立地やデザイン性、管理のしっかりと行き届いたマンションだけが「ヴィンテージマンション」と定義されるからこそ、築年数が経てば経つほどに価値の上がっていく物件。

またリノベーション内容によっては、購入時よりも物件の価値が上がるなんてことも。

やはりヴィンテージマンションですから、築年数が上がるにつれて老朽化などの問題が出てくる点もありますが、それらに関して事前に確認してから購入すれば、あなたにとって一生涯住めるお部屋にもなる筈。

決して高くはない買い物だからこそ、少しでもこの記事が読者様の物件選びに貢献できたならば幸いです。

それでは、ここまで読んで頂きありがとうございました!

▼ご紹介したヴィンテージマンション一覧
代官山マンション
赤坂グランドハウス
コープオリンピア
代々木上原第一マンションズ
ビラ・モデルナ

ご紹介させて頂いたヴィンテージマンション情報サイト様
TOKYO VINTAGE MANSION

▼ご紹介したリノベーションされたお宅一覧
部屋の壁4面全てを、違う素材でリノベーションしたお宅
グレーでまとめられたシックなリノベーションをしたお宅
まるでギャラリーを見ているかのような広々空間のお宅
西海岸スタイルの一室を手に入れたお宅
古材+黒のアイアンでリノベーションされたお宅

ご紹介させて頂いたリノベーション会社様
TOKOSIE

<インテリア関連記事>
おしゃれメンズに送るインテリアスタイル35選!!

Sponsored Links

おすすめの記事