アンチエイジング

アンチエイジングとエイジングケアの抑えるべき違いと意味のまとめ!!

出典:https://pixabay.com/

いつまでも若々しい素肌を保つために、「エイジングケアをしましょう!」や「アンチエイジングを始めましょう♪」といった、美容アイテムのキャッチコピーをよく見かけたりしませんか?

簡単に出来るのならば、是非やりたい!と思う方は多いはずです。

しかし、この「エイジングケア」と「アンチエイジング」ですが、違いをご存知ですか?

今回はこの2つの違いについて取り上げたいと思います!

Sponsored Links

エイジングケアとアンチエイジングの違いとは?


エイジングケアとは

2ef0ac80f14b8e20c16f242f82a2c3a4

出典:https://jp.pinterest.com/

エイジングケアとは、エイジング(加齢)をケア(お手入れ)するという意味です。

エイジングには、しわ、しみ、たるみ、毛穴のゆるみ、乾燥等の現象がありますので、広い意味で「年齢を重ねた肌をケアする」ことを目的としていれば、‶エイジング化粧品”と呼ばれています。

例えば、こんなサインが出ていませんか?

  • 頬の毛穴が目立ってきた
  • 太ったわけではないのに顎がたるんでいる
  • ほうれい線が以前よりも気になる
  • 目元や口元が乾燥しやすくなった
  • 口角が下がった感じがする

こんな状況に気が付いたら、ケアしていきたいですね。

アンチエイジングとは

4e30517dd285375fab7c465ffedd0c69

出典:https://jp.pinterest.com/

アンチ(anti-) は、「反~」「対~」「抗~」を意味する言葉で、エイジング(aging)は、年を重ねていくこと(加齢)であり、老化という意味です。

「エイジングケア」に比べ「老化を防止する」という意味がより強くなった表現と考えてください。

美容業界では言葉の違い・区別をきちんと行い、効果をうたうことが薬事法で禁止されている化粧品には、アンチエイジングという文字を使うことが出来ません。

少々わかりにくいので、掘り下げて説明します。

化粧品は、「人体に対する作用がおだやかなもの」であり、効果効能としてうたってもよい項目が限られています。

例えば、「シミが消える」とパッケージや商品の文章に表現してしまうと、治療効果のある商品=薬と間違われてしまいます。(薬事法違反として処罰の対象になります。)

では、アンチエイジングの商品とエイジングケアの商品の違いですが、アンチエイジングを謳えるのは医薬部外品のみで、それ以外の化粧品にはエイジングケアという言葉を代わりに使うことも多くなっています。

「医薬部外品」は、医薬品と違い、治療ではなく、予防や皮膚などを清潔に保つことが目的のもので、作用が穏やかに効き、その効能や効果が期待できる成分が入っている製品の事を示します。パッケージに「医薬部外品」と表示がされています。

「メラニン生成を抑えてシミを防ぐ」とうたえるのは、アンチエイジングを目的とした医薬部外品の商品ということです。

Sponsored Links

紫外線・乾燥以外の老化の大敵、糖化!

girl-388652_1280

出典:https://pixabay.com/

エイジングケアは紫外線による光老化と乾燥対策と言われていますが、糖化対策も重要です。

「紫外線対策と乾燥対策は知っているが・・・」という方もいらっしゃると思います。老化の原因といわれる「酸化」より、さらに警戒されている体内作用です。

糖化とは、私たちの体内にあるタンパク質と、食事によって摂取した糖とが結びついて、糖化したタンパク質が作られ蓄積することです。

タンパク質ならば、既に体内にあるものなので問題がなさそうですが、糖化したタンパク質は焦げて黄色く劣化してしまったようなものなので、カラダを作り上げている元のタンパク質とは全く違ったものです。

この劣化した糖化タンパク質が、血管や肌の真皮などを硬くし、身体中を老化させてしまうのです。

肌の真皮部分はコラーゲンやエラスチンなどのタンパク質から構成されており、糖化が起こると影響を受け硬くなってしまい、機能が低下し結果的には肌のはりや弾力がなくなり、しわ、たるみといった老化現象が発生してしまいます。

原因は糖の過剰摂取や運動不足です。

糖化を阻止する作用が「抗糖化」です。基本は運動と食事ですが、抗糖化化粧品を取り入れてもよいでしょう。

≪関連記事≫こちらでも「紫外線対策」等に関するスキンケア方法を掲載しています。参考にしてみてください。

メンズが絶対に意識すべきアンチエイジングケアとは!?30代~40代におススメなスキンケア方法一覧!!

編集者のまとめ


25957f872312476a6f6b0ea31f332a4b

出典:https://jp.pinterest.com/

「エイジングケア」と「アンチエイジング」の違いを筆者もあまり考えずにアイテムを購入していましたが、より高い効果を期待するのなら、こうした知識も知っておいた方がアイテムを選びやすくなると思います。

アンチエイジングを謳ったアイテムは、予防効果が高く化粧品というより医薬部外品。エイジングケアを謳ったアイテムは、広い意味での年齢肌対策化粧品。この点を理解しておきましょう。

そして、今回「糖化」についても触れました。

肌は1日で簡単にキレイになる訳ではありませんし、食事や普段の生活も大切な要素です。化粧品と合わせてコンディションを整えていきましょう!

≪関連記事≫スキンケアに関する洗顔からクリームまでのアイテム選びについてご紹介しています。是非参考にしてみてください。

30代~40代のメンズが抑えるべきアンチエイジングケアまとめ!【洗顔編】

30代~40代のメンズが抑えるべきアンチエイジングケアまとめ!【化粧水編】

30代~40代のメンズが抑えるべきアンチエイジングケアまとめ!【クリーム編】

Sponsored Links

The following two tabs change content below.
sileni

sileni

ワインと日本酒をこよなく愛す、利酒師や酒類等の資格を持つ雑学30代女子。時間をみつけては、料理やスウィーツを作ってみたり、デジタル一眼レフカメラを片手に街や山に飛び出して行くのが好きです。

関連記事

  1. オトコが抑えるべき人気ボディクリームとは!?
  2. 各プロテインの種類と特徴のまとめ!!
  3. メンズこそ選びたい洗い流さないトリートメントオススメ一覧!!
  4. メンズが拘るべき『肌』へのアンチエイジングサプリメントランキング…
  5. 簡単に腹筋を割る方法、伝えます。食事からお風呂に入る方法までお伝…
  6. TAYAとアースの美容院で使っているメンズシャンプーを徹底比較!…
  7. メンズの筋肉増加と減量にオススメなプロテイン情報まとめ!!
  8. メンズスキンケアで選ぶべき高級ブランド一覧!!【2017年上期保…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ビジネス × フォーマル

ファッション×スタイル

ヘルス × ビューティ

トラベル × グルメ

スポーツ × アスリート

恋愛 × デート

エンターテイメント

スナップ

スポンサードリンク

PAGE TOP