出典: unsplash.com

休日に家族と出かけることが増えてくる春、40代メンズの皆様はおしゃれしていますか?子供たちと一緒に走り回れるようにカジュアルに、も良いですが、せっかくなら家族でおしゃれをして出かけたいですよね。

パパコーデの参考として前回はジャケットをご紹介しましたが、今回はその上に羽織れるスプリングコートのクラシカルな着こなし方をまとめました!

Sponsored Links

自分に合う色味を見つける


まず、自分は何色が似合うのかを見返してみましょう。

体の半分近い面積がコートの色味で占められますので、自分に合う色を着る事が重要です。
それだけで肌色が冴えますし、顔色もよく見えるので若々しい印象に変えることができます。

パーソナルカラーをWebや百貨店で調べてみましょう。肌の色味、顔色、髪色、目の色などいろいろな外見的要素を踏まえて診断してくれます。

今まで無難だからと選んでいた色味が実は似合っておらず、初めて挑戦してみた色がとっても似合っている可能性もありますよ!

よくコートの色として選ばれているベージュで例えてみましょう。

ベージュのコートといっても、色はブランドによって名前も変わってきますし、色味もホワイトに近い明るいベージュなのか、キャメルに近い黄色みが買ったベージュなのか細かく分類されて様々あります。

黄色よりの明るいベージュ ハニーベージュ

出典:burberry.com/

この色味が似合う人は、髪色が明るいブラウン系で、血色がよく、顔立ちがはっきりしていて、実年齢よりも若く見られることが多い人です。明るい色や鮮やかな色が得意のため、コーディネートでも明るい派手めな色が似合います。

素材はコットン、ポリエステル、ニット、ウールなど柔らかく軽い生地が良いですね。

芸能人では俳優の伊藤淳史さん、アナウンサーの羽鳥慎一さんがそのタイプのようです。

白っぽいベージュ ライトベージュ

出典:aquascutum.jp

この色味が似合う人は、色白で日焼けしにくい肌、真っ黒に近いアッシュグレーの髪色、顔立ちは優しい印象なのに涼しげな眼もと、上品な雰囲気を醸し出せる人です。

パステルカラーやソフトな色、涼しげな色が似合います。

ラフで崩し過ぎず、あくまで上品でシンプルなグラデーションがかったコーディネートをしましょう。

素材はハニーベージュが似合う人と同じく、コットン、ポリエステル、ニット、ウールなど柔らかく軽い生地が良いです。芸能人だと、福山雅治さん、佐々木蔵之介さん、矢部浩之さんがそのタイプみたいですね。

黄色よりだけどもう少し濃いめのベージュ キャメル

出典:paulsmith.co.jp

この色味が似合う人は、肌の黄みが強くてハリとつやがあり、ボリュームのある黒か茶髪、濃いめの瞳でどしっとしていて実年齢よりも落ち着いて見える人です。

ブラウンやからし色、オリーブ色など、オレンジ系でも暗い色や、濃い色が似合います。地味な黒が混じった濃いめの色を身に着けることで、ゴージャスでシックな印象になります。

素材は、コーデュロイ、デニム、レザー、ツイードなど重厚感がある生地が良いです。芸能人だと、長嶋一茂さん、山口智充さん、斎藤工さんがこのタイプのようです。

青みのあるベージュ グレイッシュベージュ/グレージュ

出典:newyorker.co.jp

この色味が似合う人は、顔立ちが濃く、張りがありしっかりした質感の肌、瞳が暗く眼力があります。黒髪で髪の存在感が強い人です。

ブラックかホワイト、ダークネイビー、ターコイズなど原色や主張の強い色味が似合います。シンプルにモノトーン系のコーディネートだと華やかな印象になります。

素材は、ウール、レザー、ツイードなどオーソドックスで硬い生地が良いです。

芸能人だと、江口洋介さん、加藤浩次さん、松本人志がこのタイプのようです。

自分はこの色が似合いそうだなというものはありましたか?

パーソナルカラーを踏まえて、さっそく春の着こなし方を見ていきましょう!

ベージュコートの着こなし方


春や秋のコートといったらベージュが一番人気ですね。
いくつか着こなすポイントをご紹介します!

ダブルボタンでクラシカルに

出典:pintarest.jp

ジャケットの時もお伝えしましたが、クラシカルスタイルをするうえで一番簡単な形はダブルボタンです。流行りのビッグシルエットをダブルのコートでゆったりかつクラシカルな雰囲気にしてくれます。

レトロチェックはのぞかせる

出典:pintarest.jp

今春らしい色合いのコーディネートにするためにチェック柄を入れよう!と思っても、なかなかアウター自体がチェックのものは手が出しにくいですよね?

ストールでも良いですが、中のジャケットをちらっとのぞかせた方が、おしゃれなクラシカルスタイルになります。

太めデニムも似合うんです

出典:pintarest.jp

ステンカラーコートだとどうしても細身のシルエットを取りたくなってしまいますが、濃いめのデニムであればコートでボケっとした印象を足元で引き締めるので太めのデニムも似合います。この時裾を少し捲ると靴との境界線ができてかっこ良いですね。

Sponsored Links

ネイビーコートの着こなし方


ネイビーのコートも春らしく、落ち着いた雰囲気になります。

白シャツが映える

出典:pintarest.jp

ボトムスもコートと同系色にしてAラインのシルエットを作り、白シャツをインすることで、人の色気を出しつつも爽やかに着こなせます。

インディゴブルーで春らしく

出典:pintarest.jp

ネイビーはネイビーでも秋の色より、春は爽やかに鮮やかな色が良いです。インナーが暗めのものや、ぼけているとき、明るいブルーだと良いアクセントになります。

編集者のまとめ


出典:pixabay.com

いかがでしたでしょうか?

コートは寒い時に着るだけのものではなく、コーディネートの主役にも、アクセントにもなります。

自分の色味に合うスプリングコートを上手く着こなして、今年の春はクラシカルなコーディネートで出かけましょう!

<メンズコーデ関連記事>
40代メンズに送る春のシンプルなジャケットコーデまとめ!!
40代メンズが簡単にコーディネートできるジャケットファッション一覧!!
40代メンズが拘るべき遊びゴコロあるカジュアルファッションまとめ
40代メンズが徹底的に読破するファッション雑誌&ブログまとめ!!

Sponsored Links

おすすめの記事