出典:https://twitter.com/

毎年クール系の女子がエントリーする「ミス専修コンテスト」が今年も開催されます。本選は専修大学には二つのキャンパスがありますが、会場は神奈川県川崎市多摩区にある、緑に囲まれた小田急線向ヶ丘遊園駅を下車し、徒歩約20分の生田キャンパス内で行われます。今年も個性豊かなファイナリストが決定しており、秋に向かって活動をスタートさせています。一体どんなファイナリストが選ばれているのでしょうか?お伝えします!

Sponsored Links

ファイナリスト一覧!


header (1)

出典:https://misscolle.com/

No.1 杉本きらら(すぎもと きらら)

6wXHH4lM_400x400

出典:https://twitter.com/

人間科学部心理学科4年の杉本さん。現在は4年生という事もあり、卒論とアルバイトで忙しい日々を送っている彼女。かなりサバサバした感じの方といった印象を受けます。同性から非常に好かれそうですね。「きらきらと輝く人」になることが将来の夢なのだそうです。是非本選までの活動を通して、いい経験を積んで欲しいと思います。

No.2 豊岡優希(とよおか ゆうき)

GY8BgwmY_400x400

出典:https://twitter.com/

文学部英語英米文学科2年の豊岡さん。笑顔から見ている方も元気を分けてもらえそうな彼女。「成長したね!頑張ったね!」と声をかけられることが一番うれしいそうです。これは、女子だったら同性からでも異性からでも嬉しい言葉ですね。将来は、オリンピックに関わる仕事を考えているそうです。勉強されている英語を活かすことが出来ればいいですね。

No.3 藤田絢奈(ふじた じゅんな)

qO6_eWDz_400x400

出典:https://twitter.com/

経済学部経済学科2年の藤田さん。兵庫県出身の彼女。妹さんと生活しているようです。‶しっかりしたお姉さん”といった見た目の印象を受けます。ご実家のお母様やお婆様とも非常に仲が良いそうです。ほほえましいですね!負けず嫌いな性格な持ち主だそうですので、ありままのご自身を出せるように頑張ってほしいと思います。

Sponsored Links

No.4 竹内莉来(たけうち りら)

czo6DG5l_400x400

出典:https://twitter.com/

文学部英語英米文学科2年の竹内さん。非常に柔らかい雰囲気が印象的な彼女。しかし、競泳をやっていたり、カラダを動かすことが好きなのだそうです。こんな彼女だったら、一緒にもしどこかに行くことになったら、迷ってしまいますよね!自然体でいることを大事にしているそうですが、人見知りをしてしまう事があるそうです。是非本選まで、克服出来るといいですね。

No.5 有竹智美(ありたけ ともみ)

tP42TizM_400x400

出典:https://twitter.com/

人間科学部社会学科3年の有竹さん。少女から大人の女性に変わる瞬間を見ているようで、ドキッとしそうな雰囲気の彼女。現在はバスケットボールのサークルとアルバイト、大学を上手く両立させているそうです。頑張り屋さんですね。将来は仲良しのお母様のように料理もおいしく、家事もでき、家族から愛される女性になりたいのだそう。お母様の愛情が伝わってくるようです。

編集者のまとめ


Co0GR_bUsAQxHCd

出典:https://twitter.com/

様々な個性のファイナリスト5名が夏休み期間中もPR活動をしています。本選は学園祭「専修大学鳳祭」の中で11月4日に専修大学10301教室にて開催されます。テーマは「ideal〜「美」しい「女」性とは〜」との事です。様々な活動を通じて、内面の美も磨かれていくのでしょうね。どなたがグランプリに輝くのか楽しみですね。

Sponsored Links

おすすめの記事