グルメ

白ワインのカクテルのレシピと名前を極めろ!!オレンジを組み合わせた知っておくべきカクテルとは!?

出典:https://pixabay.com/

梅雨が明けたら、BBQに・・・浜辺で気になる彼女とグループデートに・・・近場の避暑地に・・・と毎日空はどんよりしていますが、心は先の事を考えて、ワクワクしているメンズの皆様もいらっしゃるのでは!?夏ってどうしてこんなにワクワクするのでしょうか?メンズの皆様以外にも、女子も今からワクワクして様々な準備を始めています

羽目を外しすぎないようにしつつ、気になる女性にも沢山楽しんでもらえる行動が、彼女にも気持ちが届くかもしれませんよ!今回は、女子が大好きで、夏にさっぱり飲める、白ワインカクテルをお伝えします!

Sponsored Links

白ワインカクテルのレシピと名前を極めろ!


reading-216862_960_720

出典:https://pixabay.com/

スプリッツァー

tanqueray-elderflower-spritzer$$069A0000000f8WHIAY

出典:https://pixabay.com/

暑い日に、さっぱりしたい方が飲まれるイメージが筆者の中では多いです。昔、筆者が自分のワインを買いに行った際に、20歳をもちろん超えた男性の学生さん(だと思う)に声をかけられ、「女の子がワインスプリッツァー飲みたい♡、って言って、”任せろ”って言っちゃったんですけど、どうやって作るんですか?助けてください!」と言われたスプリッツァーがこちらです(笑)

作り方は簡単!白ワイン:炭酸水を1:1で混ぜるだけです。予想外に白ワインが甘口目のものであれば、レモンやライムをほんの少し入れるとサッパリさが引き立ちます!比率は定番の目安なので、調整してあげてくださいね♪

キール

7963804856_928a2877ee

出典:https://pixabay.com/

白ワイン:カシスリキュールを4:1の目安で混ぜます。白ワインをスパークリングワインやシャンパーニュにすれば、「キールロワイヤル」と名前が変わります。

カシスリキュールですが、混ぜる際にすぐに分離?の様な状態でグラスの底に沈殿しているリキュールは開栓後、かなり時間が経過しています。基本的に賞味期限がないといわれていますが、時間の経過しているリキュールは風味が元々より飛んでいたりなどもしますので、新しいものを使ってください。マドラーで触ると、すぐわかります・・・。

 

オペレーター

8c9a517056245f83510e700c35856ade

出典:https://pixabay.com/

白ワイン:ジンジャーエールを1:1で入れ、レモンジュースを好みの量入れます。

こちらもかなり、ワインスプリッツァー同様、アルコール度数は低めのカクテルです。ジンジャーエールが入る分、甘みがレモンが入るとはいえ、加わります。ちなみに、レモンジュースは抜き、白ワインではなく、赤ワインで作ると、「キティ」という別のカクテルになります。

フーゴ

c0211876_555435

出典:https://pixabay.com/

近年ドイツで流行中の白ワインベースのカクテルです。

輸入食材を扱っているお店で購入出来る「エルダー・フラワー・シロップ」を使います。このシロップですが、海外では風邪をひいた時等にも薬代わりに使えるように、常備しているようです。日本国内でも感想エルダー・フラワーを使用している方もいるようですね。

さて、作り方ですが、このシロップを白ワインで割ります。割るのですが、かなり市販のシロップは甘いので、最初は控えめの方がいいです。そして、ライム・ミントを入れ、炭酸水で割ります。サッパリ感を出すために、ライムはやや大きめにカットして入れてもいいかもしれないですね!

Sponsored Links

オレンジを組み合わせた、知っておくべきカクテルとは!?


26447555561_626622ebea_b

出典:https://pixabay.com/

ワイン・クーラー

p32bx

出典:https://pixabay.com/

白ワインにオレンジジュースを白ワインの1/3量混ぜ合わせます。このカクテルを作る前にグラスにクラッシュアイスを詰めて置き、作ると更にさっぱり頂けます。本格的に作るならば、オレンジジュースではなく、オレンジのリキュールで作ります。

ちなみに、白ワインでの作り方をお伝えしましたが、赤ワインでも作ることができます。赤ワインの場合は、もう少しさっぱりというより味にコク・深みが出ます。(名前は変わりません。)

そして、白ワインをスパークリングワインに変えることも出来ます。こちらは「ミモザ」という名前に変わります♪入れるワインが違うだけでカクテルの名前が変わるとは面白いですよね!

白ワイン・サングリア

ちょっと大きめのピッチャー(夏なので、麦茶を作り置きしておく容器でもOK)等に、白ワイン1本とオレンジ1個(皮はむいて薄皮は残っていても。)、白桃1個(旬のものを!)、リンゴ1/2個他、お好みの果物を前日の夜に一緒に入れて置く。翌日味がなじんだところで、上にミントを飾り付けます。

夏の仲間内のパーティーに果物の色も鮮やかなうえ、赤のサングリアは市販でかなりありますが、桃の自然な甘みにオレンジのさわやかな酸味と香りで筆者も何回か出したことがありますが、好評です。女子うけは間違いありません!!

編集者のまとめ


出典:https://youtu.be/82KBpVQaHV4

気になる彼女に、突然「○○のカクテルが飲みたい♪」と言われても、入れるものが違うとカクテルの名前も違ってくることが多いので、今年の夏はすぐに「アレだ!」と思いつくように準備をしておきたいですね。

元々、カクテルはコース料理の前に前菜が出てくると思うのですが、更にその前に「これから食べるぞ」と胃の動きを活発にする為にお店で注文されていたそうです。メンズの皆様は、カクテルはどの様な時に飲みますか?既に出来ているものもコンビニなどで売られていることもありますよね?

しかしイメージ的には、バーでゆっくり味わうイメージや、みんなでワイワイ楽しく食べたりする際等に飲むイメージの方が多いのではないでしょうか?今回取り上げたレシピは、どれも簡単に出来るものばかりです。

簡単・ヘルシーなおつまみは・・・

★★白ワインと楽しむ!ヘルシーなおつまみを教えちゃいます!!★★

★★赤ワインと楽しむヘルシーなおつまみを教えちゃいます!!★★

こちらもカクテルとも相性バッチリなおつまみを掲載していますので、参考にしてみてくださいね!

楽しい時間が過ごせますように・・・。

Sponsored Links

The following two tabs change content below.
sileni

sileni

ワインと日本酒をこよなく愛す、利酒師や酒類等の資格を持つ雑学30代女子。時間をみつけては、料理やスウィーツを作ってみたり、デジタル一眼レフカメラを片手に街や山に飛び出して行くのが好きです。

関連記事

  1. 白ワイン人気おすすめランキング!!プレゼント用ワインも紹介します…
  2. ワイン初心者が抑えたいおすすめワインまとめ。飲みやすい1本の選び…
  3. クラフトビール飲み放題イベント2016をデートで活用せよ【東京編…
  4. よなよなエールのビアガーデン2016を極めろ!!
  5. 日本酒初心者のメンズへ飲み方から種類含めて利き酒師が楽しみ方を伝…
  6. ヨーロッパ旅行で夏に行くオススメな国特集!!
  7. 「筋肉食堂」に女性と行っても喜んでもらえるわけって!?
  8. 彼女に振る舞う牡蠣×ワイン最強レシピとは!?仙台と広島牡蠣のマメ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ビジネス × フォーマル

ファッション×スタイル

ヘルス × ビューティ

トラベル × グルメ

スポーツ × アスリート

恋愛 × デート

エンターテイメント

SPONSORED LINK

PAGE TOP